私に最適だった自分スタイルの取引!!

今はFXの知名度がどんどん上がってトレーダーも増えてきました。
FX歴はまだまだな私ですが、だいぶ知識がついてきて楽しくなってきている所です。
最初はFXや株はちょっと怖いなと思っていたのですが、FXではトレードする通貨単位を抑えたりも出来ますので1,000通貨等の最小単位からやり始めましたね。
今は1,000通貨よりもっと低い設定で出来るFX業者も存在しているみたいです。
なので最少額から始めたい方にはピッタリですね。
私はもっと面白みが欲しかったので一般的に多い10,000通貨単位での取引をしています。

FXはレバレッジがあるのも大きなポイントです。
FXのは個人口座と法人口座がありますが個人口座はレバレッジが25倍までです。
しかしFX法人口座はレバレッジの規制がありません。ハイレバレッジを求めている方には法人口座がオススメです。
法人だからトレードの仕方が大きく変わるのか?と思う方もいらっしゃると思いますが、トレードの仕方も業者選びも個人口座と同じ感覚で利用できます。
ほとんど変わりはありません。
しいて言うならばスプレットの幅に注目してみるといいかもしれません。
スプレット幅によって利益が変わってくるので、できるだけ幅の狭い業者を選んでみてください。
また法人の税制が適応されるので、税制面が一部優遇されるところもあるのです。
FXは利用率が高いほど得になりますが、法人口座は特に利用率が高いほどメリットは多くなります。
また損失を出してしまっても数年間繰越が出来たり、FX関連の費用を経費で落とすことも出来るそうです。
ざっと見ただけでもこんなにもメリットがあるので気になっている方は、ぜひ開設してみてください。

ちなみに私が現在夢中になっているのは特許を持つFX会社でFX取引をしています。
トラップリピートイフダンというマネースクエア独自で開発し特許を得たこの手法は面白いですね。
買いから入るとして、希望するレートまで価格が到達すると自動的に何本も買い(売りからも入れる)、希望するレートまで上がったとすればその該当する数のポジションを売るというもので、それを「繰り返す」というものです。

米ドル円ペアで115.00円あたりでトラリピを5本仕掛けるとします。
すると、114.98で1本、114.99、115.00、115.01、115.02というエリアで買い、118円まで上がりそこで売ると決めてその通りに進んだ場合は、この5本が自動的に売りで決済をするものなんですが、便利ですよ。

相場が上がっていくとすると決済トレールといい、相場に合わせて新規・決済のラインを単位を決め、それを刻みながら執行し、さらに、それを繰り返すという画期的な手法なのです。

ただし、購入本数が増える事からの予想と大きく外れた場合はもちろん損をしますので(ナンピンの失敗に似ています)、注意も必要ですが、カッカと来たり、焦ったりする方にはとても良いシステムだなと思っています。

まだまだFXの全知識を得たわけではないのでこれからいろいろと吸収していくのが楽しみな私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です